東海大学
 
            東海大学   交通アクセス
 
 
日本語 | English

紀要のリポジトリ登録について

A.登録申請から公開までの主な流れ

紀要編集委員会 著作権(財産権)について、行使が可能なように、①または②を事前に行う。
 ①投稿規定への明記  ②個別の許諾

※リポジトリ登録に関係する著作権
・複製権 ⇒ 冊子体の電子化、電子データをサーバのハードディスクへ保存
・公衆送信権 ⇒ インターネットを通じた不特定多数への公開

              ↓
     紀要編集委員会 審査・編集作業
              ↓
東海大学出版会 レイアウト・PDFファイル等制作
PDF/A形式(ISO 19005)推奨。
パスワード設定、アクセス制限、利用制限をかけないこと。
PDF作成の注意はこちらへ。PDF.pdf
              ↓
紀要編集委員会 ⇒ 図書館へ必要書類、ファイルの提出
全文PDFファイル(それを収めたCD-ROM)、「東海大学機関リポジトリ登録申請書」
 「一括登録用Excel表」(システム業者によるフォーマット)
★特定の論文のみ、本文を公開しない場合
・対象外とする論文を明記した文書を提出する。
・論文タイトル、著者などの書誌情報は、公開する。
一括登録用Excelを提出する場合は、対象外とする論文の書誌情報も含める。
(対象外とする論文のPDFファイルは不要。)

★2017年度以降、東海大学出版会を通して発行された紀要においては、
印刷時に一括登録用Excelを印刷会社で作成してる場合があります。
一括登録用Excelの有無については出版会にご相談ください。
2017年度以前に刊行されたものについては、一括登録用Excelは
紀要編集委員会でご準備いただいております。      
              
              ↓
機関リポジトリ運営委員会委員長(付属図書館長): 登録申請受理
              ↓
付属図書館による機関リポジトリへの登録作業
              ↓
東海大学機関リポジトリ登録
              ↓
国立情報学研究所(NII)によるデータ収集と公開
※「IRDB」(学術機関リポジトリデータベース)や「CiNii Articles」で公開
              ↓
国立国会図書館によるデータ収集と公開
※「国立国会図書館サーチ」で公開
(NIIによりデータ収集され、「IRDB」で公開されたデータへのリンク)


B.著作権について機関リポジトリ登録をふまえた著作権処理.pdf

C.申請書
必要事項を記入して原本を中央図書館へ送付してください。この申請書は初回のみの提出となります。
申請書:下記よりダウンロードしてください。 ※
作成見本.pdf
      ・申請書PDF (PDFフォーム) 
      ・
申請書PDF(印刷用).pdf      

問合わせ先  : 東海大学付属図書館 中央図書館 情報係

           TEL: 0463-58-1211 (内線2708)

 E-Mail:
       


   よくある質問

Q.刊行物の中から一論文だけ「本文公開しない」ということには対応できますか?
A.対応可能です。ただし書誌情報はリポジトリ登録いたします。

Q.学部のホームページ上で独自に公開しているが、リポジトリに登録する必要があるのでしょうか?
A.リポジトリに登録していただくことで、IRDBやCiNii Articlesでの検索が可能となります。研究成果の広範囲への公開は、研究成果のPRや論文へのアクセシビリティの向上につながりますので、ご協力お願いいたします。

Q.「一括登録用Excel表」はどのように入手したらよいですか。
A.サイトには掲載しておりません。紀要編集委員を通して図書館情報係にご連絡ください。

Q. 既にCiNii Articlesに本文公開されている紀要論文についても図書館に提出する必要がありますか?
A. NIIが行っていた研究紀要の電子化支援事業は2008年度で終了していますが、それまでCiNii Articlesで公開していた紀要論文はNIIから提供を受けていますので、その分の論文PDFは提出不要です。CiNii Articlesで公開されていた分については、図書館で機関リポジトリに登録し、順次公開しています。2009年度以降発行分は論文PDFが図書館にありませんので、登録を希望される場合は、ご提出をお願いいたします。